■ 故障と原因と処置

● ガス漏れ色々

● 凝縮器汚れ色々

● 冷却器霜付き色々

故障診断と処置

*見たい画像クリックで拡大。再クリックで元に戻る。

● 冷凍機組み込み機器の保守点検

  (冷凍冷蔵庫、冷水機、チリングユニット等)

1.冷えない、止まったり動いたりする、機械が古いなどの場合、ガス漏れ検査を

 フロンガスは、オゾン層の破壊や地球温暖化に影響を与えるガスとして指定され、大気中への放出が禁止されました。その為、機械廃棄やガス回路修理などでは、フロンガスを漏らさず回収する事が義務付けられました。又、運転中の機械からのガス漏れも、放置できない事になりました。(検査依頼は、第一種フロン類充填回収業者に) 

2.動かない、動いたり止まったりする、音が大きい、冷えが悪い等の場合、凝縮器の洗浄を

 フィルターの掃除はもちろんですが、フィルターを通過した埃などが凝縮器内部に溜まり、目詰まりします。こうなると、冷却能力は落ち、消費電力は上がります。さらに進むと、機械が止まります(高圧カット)。この予防には、定期的に凝縮器の洗浄を勧めます。(保守点検(洗浄)依頼を)

注意

 洗浄に使う水が、電気部品に掛からないよう注意を、これらに掛かると漏電事故の危険が高まります、最大の注意を。又、汚れた洗浄水が流れ出るので、シミ、汚れ、漏水にも注意が必要です。

3.冷凍庫の場合、作業に応じ手動で霜取りを

 補充など品物の出し入れが多いと、扉の開口時間が長く、冷却器に霜が多量に着く。冷蔵庫は、普通3℃前後なので、コンプレッサーが止まれば、霜はある程度自然に融けるが冷凍庫は融けない、次の霜取まで増えるのみ。冷却器に着く霜が多量になると、自動霜取では全て取り切れず残る。これが続くと、霜は冷却器を覆い、冷風の通路を塞ぎ冷えなくなる。このトラブル予防に、扉の開口時間の長い時は、手動霜取の追加を薦めます。(改善しない場合は、修理依頼を)

注意

 扉の開閉が多いと、庫内温度が上昇する。この時点で霜取を実行すると、更に庫内温度が上昇する。この問題改善には、庫内温度が下がり扉の開閉が少なくなる時間帯に実行する事を薦めます。

4.冷却器の霜付きが部分的で、冷えが悪い

 霜が冷却器全面に均一に着かず、特に膨張弁、或いはキャピラリーチューブ付近に着く時は、ガス漏れの疑いあり。(第一種フロン類充填回収業者に点検依頼を)

<重要>

 1.業務用機器の冷媒回収や充填は、都道府県に登録された第一種フロン類充填回収業者しか行えません。

* 家電(家庭用冷蔵庫、エアコン等)、自動車(カーエアコン)は、別の法律で規定されています。

 2.ガス漏れ検査は、(社)日本冷凍空調設備工業連合会の冷媒フロン類取扱技術者証を持つ技術者に依頼されることを勧めます。

 3.凝縮器洗浄は、資格は必要ありませんが、洗浄と合わせ運転状態の点検が出来る、冷凍機に詳しい技術者が最善です。特に、冷凍機は高圧ガス(危険物)を使用していますので、専門の技術者に依頼される事を勧めます。