修理の事なら(株)京葉冷機工業所に相談してみよう。

メンテナンス業者が廃業した、設備した業者が分からない、機器が古くて修理の手配先が分からない等お困りでしたら、一度ご相談ください。 

更に、冷凍・冷蔵・冷却機器が冷えない、霜が異常に着く、異常な音がする、止まった、動かない、漏電するなどもご相談ください。

 

 修理実績のある機器リスト

冷凍庫 冷蔵庫 プレハブ冷蔵庫/冷凍庫 冷凍/冷蔵ショーケース コールドテーブル ドロワー冷蔵庫/冷凍庫 リーチイン冷蔵庫/冷凍庫 ウォークイン冷蔵庫/冷凍庫 テーブル形冷蔵庫/冷凍庫 オープン冷蔵/冷凍ショーケース 冷凍ストッカー  対面ショーケース 舟形シンク 引出型 横(ヨコ)型 縦(タテ)型 台下 冷水機 チラー 製氷機 フラワー冷蔵ショーケース ワインセラー 冷蔵/冷凍ユニット チリングユニット コンデンシングユニット フリーザー ネタケース ショックフリーザー ブラストチラー アイスディスペンサー 冷暖房機 エアコン クーラー クーリングタワー 温蔵庫 食器洗浄機 ロストルクリーナー 鉄板洗い機 網洗い機 コーヒーマシン 給茶機


 修理例(冷水機のガス漏れ修理) <写真クリックで拡大>

コール内容 冷えない。運転しない。
調査結果 圧縮機を冷却する冷媒を、注入するキャピラリーチューブに穴が開きガスが抜け、低圧カットし運転せず、冷えなくなる。
調査内容 1.マニホールドゲージを取り付け、圧力調査。
   

結果:高低圧共ほぼ0MPa(G)。(冷媒無し)

    2.ガス漏れ調査。(機械に窒素ガス封入)
   

結果:封入と同時にシューと音がし、oilを含むガスの漏れるのが目視できた。

<原 因>

キャピラリチューブとチューブが接触し、機械の振動で摩耗、穴が開きガスが噴き出した。(症状発生までの推定期間十数年)

<処 置>

窒素ガスを抜き、キャピラリーチューブを穴の周辺で切断、太いパイプに通しチューブの太さに合わせパイプを潰し溶接作業。この時、常時溶接部を窒素ガスが流れる様にし、酸化物の発生を抑える。ゲージをセットし窒素を封入数時間放置。ゲージの圧力変化と泡検知液でガス漏れ検査。真空引き。冷媒充填。試運転。